一年経って、、、辞めた時の本音

その時の環境を変えたい一心で辞めた。

嘘偽りなく書くと本当にそれ。

ただただ、あの環境に耐えれなくて無理だった。自分の中で初めて

 

限界だ…

 

って心のそこから思った瞬間だった。 

死のう、死んだ方が楽だ。

引かれた方が楽かな

って思ってた…。

 

 

 

 

そして、次に進むことに決意。

それからは、心のどこかで新卒の会社を10ヶ月辞めたから次は失敗できない。

 

っていうプレッシャーと戦ってたと思う。

その謎の十字架は今でも背負ってるというのが正直なところ。

その世間の常識から恥じないように生きなきゃ

って思ってる。

それを感じさせないものを提供しなきゃって。

 

 

 

いま、生活してても…

この若さでこの会社ですか?!すごいですね。

新卒ですか??

って必ず聞かれてる。

いや、第二新卒なんです!笑

と答えると

前の会社は?何をされてたんですか?

じゃあ、一年経たずで、えー!!

 

というのが大抵の一連の流れ。

知ってるのです、そこで向こうの目が一ランク下がるのが。それが悔しくって。

 

謎に十字架を背負い始めた…。

 

 

過去を振り返ると

今はすごく幸せ。この上ないくらい幸せ。

仕事が好きだから。

そうでありたい、って心で願ってたのが叶っているから。

 

でも、前職を否定しているわけではなく…

前職にいたら、絶対にそれはそれで楽しかった。同期がいて、私生活が充実してて心穏やかに過ごしてたと思う。

そして、わたしのことだからちゃんとNPOに進んでたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

辞めた時が壮絶だったから、

あの時の気持ちが今でも鮮明に思い出される…。辛かったなぁ。

あの時の辛さに比べると今は大したことない。

眠くて限界が来ることはあるけどww

 

 

 

 

 

 

過去は変えられないけど…

過去を悔やまないために、進んだ先を華やかにすることはできるんだな

って改めて感じた。

 

進んだ先が華やかで楽しいと

過去も…あれはあれで学びだった。いい経験だった。ありがとう。って思えたり。

人生って不思議。楽しい。

 

そして、学んだことが1つ。

進んだ先を楽しくするのって、自分自身なんだ…って気づいた。。周りのせいじゃないんだ。って…。全部自分のせいなんだって気づいた。

 

 

あの時、浅草の国際通りみずほ銀行前の交差点に飛び出さなくて本当に良かったwwwww

彼氏も理解してくれなくて親にも言えなくて、友達にも言えなくて。笑

 

 

 

 

これから、また新しい一年が。

人との出会いを心の底から愛して❤️

自分に厳しく。

毎日新しい人との出会いがあることに

心から感謝して…。

 

また、新しく進もっか😙。

 

 

もう一生、死のうとは思いませんww

正しいと思うことをしていこうと思います。

いろんな人のご意見をいただきながら😜