はじまり

 

 

遡ることちょうど一年前。

 

 

わたしって将来何したいんだっけ。

今のままでいいんだっけ。

なんか…会社に不満しかないし…

今の給料はいいけどさ、本当にそれなんだっけ。

 

って思い、会社を退職。

すごく揉めました。辞めると決まってから、

もう、会社に行きたくなさすぎて血便になったり毎日風邪引いてたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今、この会社に。

入った瞬間に、

 

あ、わたしこの会社すごいしっくりくる。

なんだろう。。

 

って思って。その勘は的中。

なんでこんなに居心地がいいんだろう

って不思議になるくらい。

 

 

その中で苦しくも、みんなには社畜だ!と言われつつも。( 自分でも言ってる笑 )

成長してる感覚があって。

 

 

 

満足してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は変わると…

わたしを育ててくれた上司がいます。

今は、もういないんだけど。

 

その人は、『人』を大切にしてくれます。

そして、絶対に他責にしない。

最初にわたしに言った言葉は

 

無理なら無理と言いなさい。

それは、俺にとっても大切なことで意味があることだから。早くに言いなさい。

怖いことでもなんでもないから。

何かあったら俺に言え。

すべての責任は俺がとるから、何かあったら言うこと。そして、お前はのびのび好きなことをやりなさい。

 

と。

初めましてのわたしになんでこの人は、こんなこと言えるんだろうと不思議に思った。

そして、この日から激動が始まるのですw

 

 

 

 

パソコンは使えたけど、上司の使うスピードはわたしの10倍速。

謎に行われる毎日のMTG

もう、死にそうで。笑

 

 

 

そもそも、上司の求めるものはおっきくて、

みんな耐えられずに投げ出してしまい、

わたしがアサインされたのだけど。笑

最後の砦ですね。隠さず言うと。

 

もう、この子しか…手札ないよ!!

って状態。

 

 

そう、毎日死にそうだった。

苦しくて苦しくて。

 

 

そしたらある日の夜中

DMで。

 

 

 

さんぽいく?

 

 

 

と。もちろん回答は

 

はい

 

NOはないと思っていたので。笑

謎の体育会系意識が働いたのです。

 

 

 

 

じゃあ、一階に何時で。

 

 

 

と。そこで、わたしの仕事の仕方について

わたしが今後どうしたいのか、雑談

代々木を3時間散歩したかも。

 

 

その日の夜に、

 

 

自分の掲げた看板は下げない自信はある?

 

と。

 

 

さげないです。下げるつもりは一切ありません。

 

 

って返事を。

その日を境に全てが変わった気がする。

認めてもらった、気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対に、人を見捨てない人。

育てる

と言うことを最後までしてくれる人。

わたしを全力で守ってくれる人だった。

そして、上司が社内で唯一、下の名前で呼ぶ人になった笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから二人三脚で。駆け抜けてたある日。

 

 

 

 

 

仲のいい人から

 

 

 

9月末で辞めるらしいよ

 

 

 

と。一気に頭が真っ白になった…。

 

 

 

でも。先月一緒にデカイ案件やろう!ってなってたんですけど…

 

 

と。そしたら、

 

 

それも無くなったらしい。

え、聞いてない?

気を使って言ってないのかもね。大丈夫?

 

 

と。一日中泣きそうで。

でも…たしかに最近出社してないと思ってた。

出社するたびに私にちょっかい出しに来て、

私が社内にいないと、謎に探し回ってくれて

私が奥に潜んでいる姿を見て

 

 

あ、いた。風邪引いたのかと思った

 

と。それだけ言って去っていくようになり。

なんか、変だな

って思いつつ。

 

 

 

 

 

その一週間後に

 

 

 

20時渋谷

 

 

と。それだけ笑

仕事の話を聞いて、そこで、言いずらそうに

辞める話を聞いて。

 

はい。

 

と。