追い込まれた時。

 

 

いま、すごい追い込まれてる。

最悪な状態から引き継がれて、

もう残された道は、

 

信頼回復

絶対に数値を上げること

 

その2つしかない。

必ず、短期間で成し遂げなきゃいけない。

 

 

いまの仕事量的にかなりしんどい。

それ以外の何者でもない…。

 

 

 

 

やっぱり、困った時は自分の過去を頼りにするしかないよね…。

 

今まで追い込まれた時、結果を出さなきゃいけなかった時。どんな気持ちだったか、どうしてたっけって。

 

 

 

ふと思い浮かんだのが

高2の東海大会で。

6位までが全国に行ける。

でも、予選7位か8位通過。

 

決勝で、6位にあげないといけない…。

 

 

みんなの力を借りながら、

顧問の先生に、

最初から飛ばせ。目の前にいたら後先考えず抜かせ。

 

って言われて。

バトンをもらったのは8位。

全国に行けない順位で。

 

バトンをもらったときは何も考えてなかった気がする。でも、走り始めた時

顧問の先生の言葉が浮かんで。

 

目の前の人を後先考えず抜かして

7位でバトンを渡して、アンカーが6位にあげてくれた。

 

 

走ってて聞こえたのは、みんなの声援とアンカーの人が私の名前を全力で叫んでる声。

 

それだけが聞こえてたな…。

 

 

決勝の準備をしてる時は、

やったるぞ。絶対に。

 

って思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを振り返って…。

昔の私は、今よりも肝が座ってるな

って思ったね笑

全員が遠くから自分たちのために応援に来てくれて、プレッシャーに押しつぶされてもいいはずなのに、

 

プレッシャーさえ楽しんで。

ここで全国決めたらかっこいい

って思ってたんだもんね。

 

 

 

なんか、自分弱くなったな…。

いまのピンチを、追い込まれた時を昔の自分を見習って…楽しもうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、上げるしかない。

やり遂げるしかない。

 

ここで、やり遂げて成果出したら、

自分、最高にかっこいいよね笑

 

周りのご支援をいただきながら、やってみせよう。死に物狂いで努力しよう。仕事しよう。

 

 

 

顧問の先生は、こんなんで潰れてるわたしをみたら怒るだろうし、

がっかりするだろうしね。

 

 

 

 

やったるぞ。

それ以外のない。